収入証明不要のカードローンで即日融資を目指す際に必要となる条件

即日融資(即日キャッシング)とは、申し込みをした日のうちに審査から借り入れまでを行うという意味のキャッシング用語です。
即日融資はどんな貸金業者においても「確実に対応してもらえる」という保証はありません。そのためハードルを高く感じてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかしポイントさえ抑えておけば、即日融資の達成そのものは決して難しくはないのです。
今回は即日融資を目指すうえで絶対に抑えておくべき、必要書類に関する基本知識をレクチャーします。

即日融資を目指すには簡単に準備しておく必要がある

即日融資はスピード勝負です。審査時間については貸金業者や利用者の属性(雇用形態や業種、債務状況など総合的な返済能力)にもより個人差があります。
しかし申し込みや借り入れに要する時間については、利用者の努力や準備次第である程度短縮が可能です。

本人確認書類は必須

お金を借りるためには貸金業者に審査を申し込む必要があります。その申し込みの過程では、必ずと言って良いほど「書類提出」という工程が発生するのです。
その必要書類のひとつである「本人確認書類」は、基本的には必ず提出が必要になります。

本人確認書類

  • ◇運転免許証
  • ◇健康保険証
  • ◇パスポート

本人確認書類として認められているのは以上のようなものなどです。準備をしておきましょう。

実は基本的に収入証明は不要

どこに申し込むのか、そしてどの程度の金額の即日融資を希望しているかによって変わりますが、必要書類の中でも本人確認書類と違って収入証明は不要なことが多いです。
収入証明書類とは収入状況の裏付けとして提出が必要になるもので、以下のようなものがそれにあたります。

収入証明書

  • ◇源泉徴収票
  • ◇確定申告書
  • ◇税額通知書、所得(課税)証明書
  • ◇直近の給与明細書

収入証明を求められた場合は、これらの書類の写しを提出すれば問題ありません。
必要でないケースの方が多いのですが、もし求められたりしたら簡単に用意できない書類ばかりのため面倒くさいですよね。
以下では収入証明不要となる条件について、消費者金融と銀行の場合でそれぞれ確認していきましょう。

消費者金融:少額の即日融資には収入証明不要

消費者金融で即日融資を目指す場合、少額の借り入れを行うだけであれば収入証明不要となります。
消費者金融には審査が早いという特徴があるので、即日融資の可能性そのものは非常に高いと言えます。
しかし金利が高く利息の負担は大きいので、収入証明不要となることを考えても、基本的には少額の即日融資を目指した方が良いでしょう。

50万円以下の希望額なら収入証明不要

収入証明不要のまま消費者金融でお金を借りる場合の「少額」とは、具体的にどの程度の金額を言うのでしょうか。
それは、他社借入が無い場合は「50万円以下」の融資です。
他社借入が無い人が消費者金融で即日融資を目指すなら、50万円までは収入証明不要となります。

他社借入と希望額の合計金額が100万円以下でも収入証明不要

では他社借入がある人が消費者金融で即日融資を目指す場合、いくらまでなら収入証明不要となるのか。
それは「他社借入金額と融資希望額の合計が100万円未満」となる場合に限られます。
つまり他社借入金額が50万円を超えていると、これから申し込む消費者金融においては、収入証明書類を出さないと50万円以上の限度額を設けてもらえないのです。
しかし即日融資というのは、一般的にキャッシングカードやローンカードを持っていない人が目指すものです。
他社借入がある人なら、すでに契約している貸金業者で追加融資を申し込む方が現実的と言えるでしょう。
消費者金融で即日融資を目指す場合、基本的には「50万円の借り入れまでは収入証明不要」と思っておきましょう。

銀行:300万円以下の即日融資には収入証明不要

銀行カードローンで即日融資を目指す場合、基本的には「300万円を超える希望額」にならない限り、収入証明不要の即日融資を目指せます。
銀行カードローンというのは消費者金融よりも審査に時間がかかりがちなので、一般的にあまり即日融資に向いていないとされています。
しかし昨今では審査時間の短縮に精力的な銀行カードローンも増えてきているので、消費者金融ほどとは言えないまでも、早い時間に申し込めば十分即日融資を目指せるでしょう。

他社借入に関係なく300万円以下の融資希望なら収入証明不要

消費者金融と違い、銀行カードローンの「収入証明不要となるかどうか」の条件に他社借入は関係ありません。
300万円を超える借り入れ希望にならない限りは、基本的に銀行カードローンでは収入証明不要のまま即日融資を目指せるのです。
ただし、どのようなケースでも基本的に本人確認は必要となるので、免許証くらいは提出の用意をしておいた方が良いでしょう。

他社借入があると即日融資の可能性は下がる

早い時間に申し込めば即日融資の可能性があるとはいえ、やはり銀行カードローンの審査は消費者金融ほどスピーディーに終わりません。
他社借入があるとそれだけで利用者の属性は悪化するので、たとえ収入証明不要で申し込めても即日融資の可能性は低くなると言えるでしょう。
また他社借入金額によっては審査落ちの可能性すらあるので、基本的に銀行カードローンは債務状況がクリアなときに申し込んだ方が良いのです。

即日融資に適した金融機関はココ!

では、具体的に即日融資に適した金融機関を紹介します。消費者金融の大手は基本的には即日融資に対応していますが、その中でも特にスピードに長けた「プロミス」と「アイフル」を紹介します。

プロミスは早さも安さも万能

プロミスは消費者金融の中でも金利が少しだけ低く設定されていて、それでいて即日融資にも対応しています。
審査は最短30分で、土日でも即日対応が可能です。もちろん、50万円までの融資なら収入証明書は不要です。
とにかく早く借りたい、今すぐお金が必要という場合は、プロミスの利用を検討してみましょう。公式サイトへ

アイフルも早さには定評あり

消費者金融大手のアイフルも、融資までの早さでは負けていません。
全国に多くの店舗を構え、非常に高い成約率を誇ります。特に女性の利用者数が多く、サービスの質の高さがうかがえます。近くに無人契約機があれば、即日でお金を借りられる可能性はぐっと高まるでしょう。
こちらも50万円までの融資なら収入証明書は不要です。

少額借入なら基本的にどの貸金業者でも収入証明不要で即日融資を目指せる

即日融資というのは「緊急で今日中にお金が必要になった」という場面でこそ必要となるものです。
そんな緊急時には、すぐに必要書類を用意できないかもしれません。本人確認書類は免許証や保険証でも事足りますが、収入証明書は間に合わないというケースもあるでしょう。
しかし消費者金融でも銀行カードローンでも、少額の借り入れ希望なら基本的にどこでも収入証明不要で即日融資を目指せます。必要書類の中でも用意が難しい収入証明書類が不要となるのは、いざという時にとても助かりますよね。
他社借入がある人はそちらで追加融資を希望するのが現実的ですが、新規の契約で即日融資を希望するなら、融資希望額の多寡で申込先を選ぶというのも必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です